ホーム > ベランダ FRP防水

防水施工の種類

ベランダ FRP防水

FRP防水工事の施工手順
①施工前

このベランダは築10年程度で表面トップコートの剥がれが一部ありました。屋根・外壁塗装と同時に施工します。

②プライマー塗布

既存FRP防水を表面研磨(目粗し)後に専用プライマーを塗布します。

③ガラスマット・樹脂

ポリエステル樹脂の下塗り後、ガラスマットを貼り付け樹脂を含浸させていきます。

④樹脂積層

樹脂の含浸状況です。

⑤エアー抜き

樹脂を含浸させたら隙間に入った空気を脱泡ローラーで全て逃がしていきます。

⑥防水層完了

防水層の完了です。硬化を待ちます。夏場で1~2時間冬場で3時間ぐらいで硬化します。

⑦仕上げトップコート塗布

硬化後、表面の目粗しを行い仕上げトップコートを塗布していきます。

⑧全工程完了

全面にムラの無いように塗布をして完了です。

※備考

FRPはボートやバスタブなど形成性の良さと高強度の為、あらゆるものに使われております。

お電話でのお問い合わせ:04-7144-1821 無料相談・無料診断メールフォームはこちら

▲ページの先頭へ

東葛プランナーページの先頭へ