ホーム > スレート屋根 塗装工程

防水施工の種類

スレート瓦 屋根塗装 ビフォー アフター

スレート瓦 屋根塗装 施工の流れ
①施工前

平型化粧スレート屋根(スレート瓦屋根)の塗装施工例をご紹介します。

製造メーカーによっては『カラーベスト』や『コロニアル』という商品名で紹介されている屋根の種類です。ここでは総称してスレート屋根という表記で進めていきます。

②高圧洗浄

高圧洗浄機で、長年のほこりや藻などの汚れを綺麗に洗い流します。ここで手を抜くと、塗装後の仕上がりや耐久性に影響してくるので、念入りに行います。

③洗浄後の屋根

高圧洗浄後の屋根です。洗浄前の屋根と比べると、しっかり汚れが落ちていることが分かります。

※屋根の乾燥時間は、晴れた日の夏場で約半日・冬場で約1日が目安です。乾き次第、次の工程へと進めていきます。

④屋根劣化部分 補修

施工前の屋根を隈なくチェックしていくと、一部スレート瓦が欠けている箇所を発見しました。劣化部分は屋根専用の接着剤で補修作業を行います。

⑤下塗り

下塗りです。

 

⑥釘浮き 打ちこみ補修

長年経つと固定している釘やビスは自然と突出してきますので、再度打ちこみ、固定し直します。

⑦縁切り作業

今回は『タスペーサー』という縁切り具を設置しました。

実は縁切り作業はとても重要なのです。一般的にスレート瓦屋根材に3回工程塗装をすると、屋根材と屋根材の間に塗料が入りこみ、接着した状態になってしまいます。適度な通気性を確保しないと、塗装工事が原因でかえって雨漏りを引き起こします。これでは本末転倒です。

⑧中塗り

中塗りです。

⑨上塗り

上塗りです。

※今回の塗装は遮熱塗料を使用し、3度塗りをしています。塗料によっては重ね塗りの回数や材料が多少変わる場合もありますが、塗料製造メーカーの指示に沿って毎回塗装を行っております。

⑩屋根塗装 完成

塗料が乾いたら、屋根塗装は完成です。美しい屋根に仕上がりました。

お電話でのお問い合わせ:04-7144-1821 無料相談・無料診断メールフォームはこちら

▲ページの先頭へ

東葛プランナーページの先頭へ